GABA受容体作動薬 | 通販で睡眠薬を購入することでもう眠れない夜とはおさらばです。
menu

GABA受容体作動薬

綺麗な青いカプセル

GABA受容体作動薬とは従来の睡眠薬のことで、神経伝達物質に作用することで中枢神経を眠りにつかせるというものです。
効果はとても強力なのですが、依存性があることが非常に懸念されている点です。
その依存性を克服することさえできれば優れた睡眠薬なのですが、どうしても神経伝達物質に作用するということで、そこに依存の隙というものが生まれてしまいます。
その依存性を取り除くことは不可能に近いと判断されたほどです。
そのために、メラトニン受容体作動薬と呼ばれるものが開発されたのです。

しかし、GABA受容体作動薬が今までにたくさんの不眠症で悩む人々を救ってきたのは事実です。
とはいえリスクの高い睡眠薬というのはどうしても長期的な目線で見た時に危険と判断されたことによりその任を終えることになります。

GABA受容体作動薬というのはオーバードーズを起こした際に非常に危険なものとされています。
そのこともあって新しいタイプの睡眠薬も開発されたのです。
単純に危険である可能性が高いという理由で淘汰されてしまった例ですね。
医薬品の世界ではこういったことが特に珍しくはありません。
むしろそうすることでより良い医薬品が新しく開発されていくのです。