アルコールはほんとだめ | 通販で睡眠薬を購入することでもう眠れない夜とはおさらばです。
menu

アルコールはほんとだめ

倒れている瓶からこぼれている錠剤

お酒というかアルコールというのは非常に素晴らしいものです。
人類が見つけ出したものの中で一二を争うものと言っても良いかもしれません。
アルコールには一時的に脳を麻痺させて、自分の中のストレスというものを忘れさせてくれます。
しかし、アルコールというのは体の中に入れすぎると次第に眠くなってきてしまいます。
その眠気というのはGABA受容体作動薬による眠気と非常に似ています。
結局それにより発生する眠気は暴力的とまでいれるほどの眠りなのです。
脳を麻痺させているためにそのような暴力的な眠気が発生します。

もしそのアルコールとGABA受容体作動薬を始めとした睡眠薬を同時に摂取するとどのような結果になるのでしょう。
アルコールと睡眠薬を同時に摂取した場合にh、相互作用と呼ばれるものが発生する可能性があります。
アルコールと睡眠薬が相互作用を起こした場合には、昏睡状態になってしまうことも考えられます。
そのような危険なケースを招かないためにも絶対にアルコールと睡眠薬を同時に摂取してはいけません。
死に至るほどの重篤なものにならなくとも、ひどい副作用に見舞われる可能性があります。
そのために、自分でしっかりとセーブする必要があります。
自分の中の危険に対する意識というものをしっかりと持ちましょう。